空気時計を見詰めながら

アクセスカウンタ

zoom RSS 安寧の日記(3/5) 奔流の陰で

<<   作成日時 : 2005/03/05 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

金八先生。丸山しゅうを後ろから抱きながら、語りかけるような詩。どこかで聞いた様な気がして、小室等をまず思い出す。詩の展開や言葉づかいで、谷川俊太郎だろうなと思った。

【昨日聞いたCD】
「風見鶏」(さだまさし)

【今日の断片】

流れ去る日常は メリーゴーランド
  その伏流は ジェットコースター

日常は ゆらゆらと巡り
その伏流は 
上った分だけ下るだけ

いずれにせよ
いつかは 止まる

空気時計ブログ集

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

空気時計ブログ集

安寧の日記(3/5) 奔流の陰で 空気時計を見詰めながら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる