安寧の日記(9/22)作品No.1431

chaoscope 3Dのフラクタルを作るソフト 以前から愛用しているフリーソフト カオスな画像を作ってくれます。 ■カオスに偶然生じたコスモスは詩であるか なんとか形を結ぼうとする 混沌の言葉たち そして素知らぬ顔して 秩序を与えぬボク 日常を意識の底へ沈め 混沌の大海へ…
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(8/26)空気時計流ー3

右手が左手の暖かさを知る時 左手は右手の冷たさを知る 右手が左手の冷たさを知る時 左手も右手の冷たさを知る 右手が左手の欠損を知る時 左手は右手の存在すら知ることができない 右手が左手の暖かさを知る時 左手も右手の暖かさを知る 部品としては「右手」「左手」 「暖かさ」「冷たさ」等を使用して な…
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(8/20)続・空気時計流

右手が左手の暖かさを知る時 左手は右手の冷たさを知る 右手が左手の冷たさを知る時 左手も右手の冷たさを知る 右手が左手の欠損を知る時 左手は右手の存在すら知ることができない 右手が左手の暖かさを知る時 左手も右手の暖かさを知る 前日は、ここまで作成。 肉付けしないとね。 右手が…
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(8/19)対偶

表記の可能性・・・組み合わせ 右手が左手の冷たさを知る時 左手も右手の冷たさを知る 右手が左手の暖かさを知る時 左手は右手の冷たさを知る どれが一番詩的なのだろうね? 右手が左手の冷たさを知る時 左手は右手の暖かさを知る 表記的には下記の対偶となる 右手が左手の暖かさを知る時 …
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(8/17)空気時計流

例えば、私がこう表現したとします。 人間関係の機微を感じる人もいれば 単に物理的な感覚を持つ人もいます。 使用している言葉は きわめて日常的な言葉です。 右手 左手 暖かい 冷たい 感じる これに「神の右手 悪魔の左手」というタイトルをつけることもできます。 素朴な疑問で 右手も左手も…
コメント:1

続きを読むread more

安寧の日記(8/3)作品No.1430

■此岸 少し前に進みたい でも どちらが前か ボク わからないよ ボク 見詰めている所 前? 過去 それは 以前 前だけれど 前方じゃない これが現実だと認識した刹那 現実は過去となり 過去を見詰めることになる 未来を見詰めていても それは同じさ やはり過去となる ボク 向いている方…
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(6/25)石の種子

■石の種子 過ぎ去りし人よ すれ違いし人よ 「違い」と書いて「たがう」と読んで 出会いも別れも 序章も終章もなく 群衆の中の孤独 孤独同士の共鳴だけ 原因もなく生じてしまった結果は 罰のない罪のように 罪のない罰を下す 形容詞のない名詞 すべからく指示代名詞 それはそれ以上に それをあれに変えながら …
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(5/29)眇める

先日 作品No.1427を公開 https://jinojin.at.webry.info/202004/article_1.html 妥協ではなくて 寛容として 作品No.をつけている 今回は作品No.1428 ■タケシのあか鉛筆 君は存在しないのでなく 君は不在なだけだと 懐中時計の裏蓋 見…
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(5/26)言霊

コロナで安寧の日々ではないけれど 安寧でない日々の後にしか 安寧の日々はやってこない。 ■言霊 言葉はおもいをこえられない…と ハルジオンが囁く ボクは なぜだか 空を見上げ 空に見下げられ ボクは つたない詩だけれど 何度も 何度も おもいをこえたよ 言葉がおもいをこえ おもいが言葉をこえる …
コメント:0

続きを読むread more