ありふれた会話―2

BGM 「裏切りの街角」/甲斐バンド

『そんなのウソよ。ウソに決まってる。』

「何かを言えばウソになる。 何も言わらきゃ無視される。
 だから俺はウソツキになった。 それだけのことさ。」

『ねェ ウソだと言って。』

「もう何も言うことはない。
 雨が降るから傘を差す。それだけのことさ。」

『一本の傘には二人は はいれないと言うの?』

「はいれても 帰るべき家が違うんだ。
 いつかは自分の傘を差す日が来る。それが今なんだ。」

『私には そう思えないわ。だって いつまでも雨は降り続かないわ。』

「ゴメン 雨宿り・・・してた。」

『やっと 本当のことを言ったわね・・・
わかったわ どこでも 行けばいい。
 自分の傘で歩きたいのね。その自分だけの世界で雨を凌いで
 また 次の傘を探すのね。 自分が傘を持っていること隠して。』

「隠してなんていないよ。君は知ってて自分の傘を
 俺に差しかけたんだろう?」

『雨に濡れている人を見ると 傘を差しかけずにはいられなくなる
 そんな私を見透かして あなたは私のそばに歩み寄って来たのよ。』

「俺は 雨に濡れていたかたんだ。
 でも 人が傘を差しかけたら 入らずにはいられない
 そんな俺を 見透かして 君は傘を差しかけたんだ。」

『あなた さっきから 
 もう何も言うことは無いと言いながら
 まだ 喋り続けているわ。』

「俺・・・一人が好きで
 雨に濡れるのならば 一人が好きで
 他の人にそんな馬鹿げたこと させたくないんだ。
 傘を持っているのに 傘を差さないなんて。」

『いったい 私たち 何の話をしているの?
 雨の話? 傘の話? 私たちの話をしてるのよ。』

「何て言えば いいんだ俺?」

『何も言わなきゃいいのよ。
 黙って 私の前から消えればいい。
 でも あなたは それがでない。』

「できるさ。」

『できない。』

『互道を持ちながら』
あるいは
「愛、傘からはじまる物語」エピローグ
「君を起訴、賄賂の隘路」エピローグ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Clover
2004年08月10日 00:12
こんばんは。 ふと気付いたのですが、空気時計さんは自分から墓穴を掘る人なのかなって・・・。自ら地雷を踏んでしまうというか。何となくそんな気がしました。  
Clover
2004年08月10日 00:36
性格って変わらないものです。 特に恋愛に関しては学習なんて出来ないでしょう。「最低の男」を好きになってしまったーっと嘆いても、また「最低の男」を選んだりしてしまうのです。
空気時計
2004年08月10日 12:39
Cloverさま 自分のコメントだけ、消してしまってごめんなさい。ご希望であれば、Cloverさまのコメントを消すことも可能です。まず、自分の作品については、ある程度責任を持つべきであると思います。今回、弁解はいたしません。ブログを開始してから、以前の作品と20年ぶりに復活した詩を、とりまぜて発表してきました。包み隠さず、自分が表現した形で、並んでいます。やっと「安寧の日記」に辿り着いたところで、Cloverさまのコメントは、辛いものがありました。でも、コメントは殆ど自覚症状と同じ。だから、言い訳しないことにします。



この記事へのトラックバック

  • C―LOVER(エピローグ 【終止符】 )

    Excerpt: 何も言えずに そうするよりは 何も言わずに そうすることだ Weblog: 空気時計を見詰めながら@WebryBlog racked: 2004-10-01 01:23
  • ありふれた会話

    Excerpt: 「もう何も言うことは無い」と 言っておきながら まだ 喋り続ける男を 演じながら生きてきた Weblog: 空気時計を見詰めながら racked: 2005-06-03 00:10