自己反省

原稿用紙が好き

詩は行間だと思ってる

表現しようとして 表現し尽くそうとして
表現しきれぬところに 本当の沈黙はある

沈黙のない詩は 底が浅い

だって 考えてもみろよ
毎日 毎日 同じベクトルの詩が
あり得るものか

刹那 刹那でさえ 変化しているのに
その刹那 刹那の連続が
ひとつの感情として 把握されるのに

だから 震えているんだろう
表現した瞬間から 震えているんだろう

人から 一貫性のないやつだと 言われても
人から 優柔不断と 言われても いいじゃないか
その 刹那 刹那を 素直に表現したのならば

でも 他人(ひと)を 批判しては いけないよ

しのさんの 行間の巧みさも
くまさんの くまさんなりの素直さも
はるさんの 一貫性も
羨ましくて たまらないのだから

「迷惑メールは文学羊の夢を見るか」さんの
表現としての 客観性も

「こたろーおじさんの世界」さんの 宗教観も

「花月記」さんのベタ書き感覚も

「鳥籠の空」さんの閉鎖空間での自由さも

人を許容せずして お前は許容されない
お前は許容されない程 邪悪な表現者ではないか

・・・自虐してはいけない
邪悪でなくて 混沌なのだと

カオス(混沌)の 無意識の世界を 動員してまでも
表現せずにはいられない 表現者としての誇りを持てよ

表現して 表現しようとして それでも 表現しきれぬ 沈黙を
表現するための饒舌を 尽くそうじゃないか

「安寧の日記」と「C―LOVER」の矛盾する 裏腹さを
恥じることも ないじゃないか そうだろう?

何のために 中学生にして 心理学を学んだのだ
何のために 9歳にして 自己の存在を 問うたのだ

ビッグバーンの正体でさせ 詩で解こうとした
愛や恋でさえ 詩で定義しようとした お前だろう

認めてしまえよ・・・愛していると
認めてしまえよ・・・愛していると 言ってほしいと










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Clover
2004年08月20日 01:23
空気時計さんは、いつもこんな風にして自問自答を繰り返している気がします。この姿勢が表現者としての自然なものなのでしょうね。私は空気時計さんの「他人を批評しない」事に、とても共感します。自分とは違うスタイルや意見を、徹底的に排除しようとする人達もいる世界です。自分らしさを貫き、他人を許容するのは難しいけど、これからもあなたらしくいて欲しいと思っています。
空気時計
2004年08月20日 01:44
Cloverさま 自問自答で、自分と折り合いをつけることで、時間を費やすあまりに、言動としての自己表現の無さを反省してはいるのですが。

この記事へのトラックバック

  • 探求者

    Excerpt: 「自己反省」について Weblog: 鳥籠の空@WebryBlog racked: 2004-08-21 01:40