安寧の日記(11/25)

帰宅の電車。急行を降り、普通に乗り換え。手帳を開き、断片を書き込む。今日は、【それ】でなく、他のものとなってしまった。ここで、公開すべきものじゃないので、今日はここまで?

「鋼の錬金術師」第9巻を購入。
【それ】・・・プロローグ「無から生じた有」
第一章「有から生じた無」
第二章「欠ける有」
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
エピローグ「空気時計を見詰めながら」

空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

クローバー
2004年11月25日 23:10
沢山の断片を生み出す人。 それを繋ぎ合わせ、並べ替え、何かを表現する。 日々、様々な事を感じ、私も何かを伝えたいと思っています。
空気時計
2004年11月25日 23:14
クローバーさま 断片? 何かの断片であれば、本体があるはずなのです。
リグレット
2004年11月28日 07:25
おはようございます。
私も 鋼の錬金術師 購入しています。
アルフォンスが 好きです。(1番)。
エドは チビって言われてキレるとこが
かわいいですよネ!
空気時計
2004年11月28日 11:27
リグレットさま 詩を一編書くのも、等価交換だとしたら、何を引き換えに詩を書くのでしょうね?
リグレット
2004年11月28日 17:33
選べれたら 左足にします。
空気時計さんは 何を引き換えにしますか?
空気時計
2004年11月28日 17:41
リグレットさま 体感的には、生命力です。20年前は一気に原稿用紙20枚の詩を書き上げることも可能でした。現在は、詩の断片を少しずつ作成し編集することで、なんとか長編詩【それ】を書き続けています。

この記事へのトラックバック