医者の広告可能範囲 その2

<font size="2"><font color="black">
十一 結核予防法指定病院又は結核予防法指定診療所である旨

十二 救急医療を提供している病院又は診療所である旨

十三 養育医療指定病院、養育医療指定診療所、育成医療指定病院又は育成医療指定診療所である旨

十四 戦傷病者特別援護法指定病院又は戦傷病者特別援護法指定診療所である旨
戦傷病者特別援護法(昭和38年法律第168号)第12条に基づき、同法の療養の給付を行う医療機関として指定されている旨を広告できる事項に追加したこと。

十五 公害医療機関である旨
公害健康被害の補償等に関する法律(昭和48年法律第111号)第20条の規定に基づき同法の療養の給付を取り扱う公害医療機関である旨を広告できる事項に追加したこと。

十六 外国医師臨床修練指定病院又は外国歯科医師臨床修練指定病院である旨

十七 原子爆弾被爆者医療指定病院、原子爆弾被爆者医療指定診療所、原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱病院又は原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱診療所である旨

十八 特定感染症指定医療機関、第一種感染症指定医療機関又は第二種感染症指定医療機関である旨

十九 昭和四十八年四月十七日衛発第二百四十二号厚生省公衆衛生局長通知「特定疾患治療研究事業について」による治療研究に係る医療の給付を行っている旨
昭和48年4月17日衛発第242号厚生省公衆衛生局長通知「特定疾患治療研究事業について」及び昭和49年5月14日厚生省発児第128号厚生事務次官通知「小児慢性特定疾患治療研究事業について」による医療の給付を行っている旨を広告できる事項に追加したこと。

二十 昭和四十九年五月十四日厚生省発児第百二十八号厚生事務次官通知「小児慢性特定疾患治療研究事業について」による治療研究に係る医療の給付を行っている旨

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック