医療広告の基本条文

<font size="2"><font color="black">
○医療法
(昭和二十三年七月三十日)(法律第二百五号)
第二回通常国会 芦田内閣

第五章 医業、歯科医業又は助産師の業務等の広告(第六十九条―第七十一条)

第六十九条 医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関しては、文書その他いかなる方法によるを問わず、何人も次に掲げる事項を除くほか、これを広告してはならない。
一 医師又は歯科医師である旨
二 次条第一項の規定による診療科名
三 次条第二項の規定による診療科名
四 病院又は診療所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項
五 常時診療に従事する医師又は歯科医師の氏名
六 診療日又は診療時間
七 入院設備の有無
八 紹介をすることができる他の病院又は診療所の名称
九 診療録その他の診療に関する諸記録に係る情報を提供することができる旨
十 前各号に掲げる事項のほか、第十四条の二第一項第四号に掲げる事項
十一 その他厚生労働大臣の定める事項

第七十条 前条第一項第二号の規定による診療科名は、医業及び歯科医業につき政令で定める診療科名とする。

第七十一条 助産師の業務又は助産所に関しては、文書その他いかなる方法によるを問わず、何人も次に掲げる事項を除くほか、これを広告してはならない。
一 助産師である旨
二 助産所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項
三 常時業務に従事する助産師の氏名
四 就業の日時
五 入所施設の有無
六 助産録に係る情報を提供することができる旨
七 前各号に掲げる事項のほか、第十四条の二第二項第四号に掲げる事項
八 その他厚生労働大臣の定める事項

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック