安寧の日記(4/8) 雲のむこう、約束の場所

「雲のむこう、約束の場所」(DVD)を観賞。ボクの好きなタイプの作品。「ほしのこえ」をYahoo!で見た時から、そう思っていました。
 「ほしの声」は、ラストに向かうほど主人公は、ひとりになっていったけれど、「雲のむこう、約束の場所」では、少し救われた感じ。
 夢で繋がる・・・夜空で繋がる。この1st-ROOMは、「ほしのこえ」。「雲のむこう、約束の場所」を、何処に求めよう?
こどもの頃から 玩具のいらない少年だった
自分の頭の中だけで 遊ぶのに追われていた
次から次へと 像が結ばれ
それが玩具に匹敵したから

http://jinojin.at.webry.info/200503/article_34.html

今、ボクの究極の玩具は言葉
今、ボクの最後の玩具は言葉

「雲のむこう、約束の場所」まで
持っていけるかな?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック