丁字はT字


空気時計が問いたいのは
今後 どうプロデュースするの?
ということです。

これだけの素材を活かしきれなければ
プロデューサーとして失格なわけです。

確かにマーケティングとして
SWOT分析して
[強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)]
もう撤退すべきであればそうすべきなのです

空気時計は問う。
この素材を活かせずに
それ未満の素材を
プロデュースし得るのかと。

日露戦争おいてロシアの大艦隊"バルチック艦隊"を潰滅させるために
用いた丁字戦法。

敵前で日本艦隊が丁字の横棒となり、
縦棒をなす敵艦隊の頭を押さえつける形で進路を阻む。

縦列のロシア艦隊の後半部分は距離が遠く有効確実な砲撃はできなくなる為、
日本艦隊は敵艦の先頭部分に一斉射撃を集中し各個撃破を行うことができる。

さらには、第二戦隊と共にバルチック艦隊を挟撃(乙字戦法)し
完膚なきまでに撃滅する。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

安寧の日記(3/16)「堀川ひとみ」おまとめブログ
Excerpt: ここいらで「堀川ひとみ」さんに関して公開したブログのまとめでも。
Weblog: 空気時計
Tracked: 2008-03-16 02:11