安寧の日記(3/16)「堀川ひとみ」おまとめブログ


ここいらで「堀川ひとみ」さんに関して公開したブログのまとめでも。

情報化の時代―情報収集・蓄積よりも、情報の取捨選択の方が大事。
特にネットでは情報の質は様々、真偽も様々。


①安寧の日記(1/6)あし@

空気時計のブログに「堀川ひとみ」の名がはじめて記載されたブログ。あし@のその名を発見し、HPを閲覧。会いたいよ / 堀川ひとみ / 尾道OYE COMO VAを観賞。詩を大事に歌っているので好感を持ちました。


②堀川ひとみ

「私の心 嘘だらけ」を観賞。彼女の2枚のアルバムの曲名を紹介。


堀川ひとみ-禁断のmy room

「存在」の動画リンク。「タワーレコードの1st・2ndのCDを先日発注しました。」の旨。


「堀川ひとみ-禁断のmy room」について
⑤ 堀川ひとみ―2
「堀川ひとみ―2」について
堀川ひとみ―3

⑥⑦と2枚のCDの各楽曲の感想を公開。この2枚のCD、本来は1枚のアルバムとして販売されるべきものであると感じました。

⑦の最後の部分で森田童子の「センチメンタル通り」を挿入。①~⑦までの情報をもとに、今後の彼女の将来に起こりうる分岐点を予測。この曲とかわさきFM79.1MHz 堀川ひとみの「禁断のmy room」を聞くと、おのずと導き出される分岐点なのですが、地域密着性とその脱却、その時点で彼女が第三の道を選択できるかが、今後の命運を分けることとなるでしょうね。今は、そう問題とは感じていないでしょうし、 堀川ひとみのブログにいただいた本人のコメントに、亡父観阿弥の教えをもとに、世阿弥が記した能の理論書「風姿花伝」の一節を引用してそのコメントの返事としたのかの真意もそこにあります。


安寧の日記(2/14)堀川ひとみの「禁断のmy room」第20回
丁字はT字

そもそも彼女に興味を持ったのは、この「堀川ひとみ」というマイナーな商品をどう市場に新規参入させるのかというプロデュースについてでした。ネットを活用する手法が自分の仕事の参考になるからです。丁字・T字とは、「T-1」のことであり、⑨ 堀川ひとみの「禁断のmy room」第18回にも書いたように彼女の番組にリクエストのメールを出したりもしました。(そのことにより自分のブログの閲覧数がどう変化するかも検証)


堀川ひとみの「禁断のmy room」第2回

「T-1」の幼稚園からの幼馴染「さな」さんからコメントいただきました。「堀川ひとみ」を主にプロデュースしているのは「T-1」と仮定して、その戦略・戦術を学ぶことで、弱者の戦略の実践例を多少は垣間見ました。


幸せでいるために / 堀川ひとみ
安寧の日記(3/13)振替休日

今後、詩の部分で「堀川ひとみ」という存在が、打破すべきことについて空気時計なりの見解です。詩と詞とは同じものではありませんが、その根底は一緒だと思います。――つまり、「人間として、どうであるのか」ですね。
確かに現実の現象として「真実は人を傷つける」ことが多々あります。でも、真実の本質は決してそんなものではありません。
彼女は「贅沢者のDADADANCE」において「loopから抜け出したばかりなのに」と歌っていますが、それは単なるサブルーチンのループから抜け出しただけのことであり、人生のメインルーチンにおいてまたloopに陥る可能性は大であると思えます。(全ての人はそうなのでしょうね・・・空気時計も)
「癒し」をコンセプトのひとつとして採用するのならば、現実として現象として「真実が人を傷つける」ことを、例えば空気時計が辞書的意味を無視して「信実」を提起するのか、「人がそれが真実としてそう信じているところの信実」を提起するのかを感じていただければ幸いです。空気時計が自分の息子に「和真」と命名したのは、「真実」と「信実」を和していくこと、それが人生のメインルーチンであると思ったからなのです。


情報化の時代―情報収集・蓄積よりも、情報の取捨選択の方が大事。

以上をふまえ、「ライ麦畑の捕手」として、今後とも「堀川ひとみ」なる存在を見詰めていこうかと思います。





空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

堀川ひとみ
2008年03月17日 03:05
おまとめありがとうございます^^
私のことをこういうふうに
たっくさんの時間と文字をかけて
考えてくださっていること、
とても嬉しく思います^-^

これからも応援宜しくお願いしまーす!!
空気時計
2008年03月17日 13:09
こんな津々浦々までお越しいただきありがとうございます。自分のブログはすべてPDF化して保存してあるので、ほとんどコピペなのです。応援になるかは、今後の展開次第ではないでしょうか?信じた道を信じたままに信実を構築ください。

この記事へのトラックバック

  • 軌跡

    Excerpt: ■2008/01/12 あし@の履歴で見つけた堀川ひとみさんの楽曲を視聴。 Weblog: 空気時計を見詰めながら racked: 2011-11-10 21:00