「FIRST OF MAY」について

FIRST OF MAY」について
画像

はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集




「箱」

住居の箱から 
電車の箱で移動し
社屋の箱で働き 
一日が終わろうとしている

・・・

折りしも雨 手放せない傘
ひとり分の世界しか
雨をしのげないけれど・・・

改札をぬけ 箱へと向かう


はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集「パパラギ」という本の一節
西洋文化を「箱」の文化と呼んでいる

家=「箱」 部屋=「箱」 電車=「箱」 会社=「箱」
「箱」の中にまた「箱」があり
「箱」で移動し、「箱」から「箱」へと移動する

「箱」とは他との隔絶・区別・整理するための容器
いわば「壁」で囲まれた空間

「壁」とは 外でも内でもなく
「壁」とは 外であり内でもある
「medium」な存在

壁男

「mediumの複数形って知ってる?」
「mediums…」
「…media」


空気時計が詩を書くのは
電車の中や 部屋の中
「箱」の中が多いけれど

「箱」から「箱」へと移動する
例えば通勤電車を降りてから
自宅へと向かう道すがらに
生まれた詩は少し好きだ

「箱」でない空間で
何かを創造することって
素敵だね・・・

でも地球という「箱」?
でも日本という「箱」?

でも自分という「箱」?





壁男 [DVD]
空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

酔いどれ吟遊詩人
2008年05月07日 06:26
初めまして、酔いどれ吟遊詩人と申します。先日は、我がブログにご訪問頂き有難うございました。これからも宜しくお願い申し上げます。
http://oosakaclub.livedoor.biz/
空気時計
2008年05月07日 09:05
酔いどれ吟遊詩人さま

初めまして。吟遊しない「佇み詩人」ですが、こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック