安寧の日記(5/24)A感覚とD感覚


「精霊の守り人」(アニメ)の観賞を開始。
精霊の守り人 11



同じ場所に佇むことはできても

時の流れの中に佇むことはできない

佇むことも流れることらしい




気付かぬうちに
随分 時が流れた

気付いてみれば
皆 年相応に時に刻まれ
皆 年相応に時を刻んでいる

ボクは佇み ボクは流れる


ずっと同じ場所に佇み

君を見詰めていたはずのボク

何時しか君を眺めていたことに

気付いた


悲しいのは
たてじわでなくて

それが刻まれるほど
時が過ぎたことでもなくて

見詰めていたはずが
それを見落としていたことでもなくて

それしきのことで
破顔する君の寂しさでもなくて

誰も見向きもしないほど
年老いても変わらぬ
気持ちの嘘に気付いたから

そんな自分が悲しくて悲しくて


野辺に咲きたる

花一輪

手折りもせずに


失くした言葉の代わりに
見つけた言葉
君の声だけが心に響き
君の姿 心にかすむ

それゆえにボクは佇み
それゆえにボクは蟠る
時が許すものであれば
あの日あの時が始発駅

そうだよ 気付いていたよ
そうだよ そうだよ
寂しさを埋めるために
空しさをほふるために

「この頃 変なんです。」
そう行った瞬間に
君はエスカレータを降り
元居た場所へ引き返した

二十数年の歳月が
ボクを刻み 君を刻み
漫ろ歩きの幸せさえも
潰え去った蜩の蝉変

転失気の逸話なんて
ボクの付会さ
余計に君が近くになって
Galateaで無くなったのだから

Pygmalionの序の舞
轍を踏むことはないさ
それは動詞であって
名詞ではないのだから

動かぬことも動詞
「佇む」という動詞
それゆえにボクは佇み
それゆえにボクは拘る


蛍火のように
仄かに明るいもの
灯し続ける

炎 とならぬよう
災いとならぬよう

年々「パンドラ月間」の意義が薄れていく
「パンドラの箱」には699編
そして箱の外には500編

アナログデータとデジタルデータ
A感覚とD感覚

その両方を持ち
使い分けることが
現代を生き抜くコツかも知れないね


私のためにうたう歌 / 堀川ひとみ / STILE LIBERO 静岡










精霊の守り人 11 [DVD]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック