安寧の日記(10/12)纏集

<<<<<
随分 このブログで
新作の詩を公開しました

新作は作品No.700~
それ以前の作品もいくつか公開しましたが
間に二十数年のブランクがあるので
四半世紀以前の作品となります

作品No.700は
2004年7月の
レクイエム(Cerberus)


生きて生き得ぬ泡沫も 
刹那に夢を見るものを
などか夢見ん 夢見て生きん
生きて生き得る人間(じんかん)に

問わねば答えぬ山彦も 
言葉ありせば答うべく
などか答えん 応えて生きん
言葉ある身の人間(じんかん)に

そのおもひ 雅なれば 燃えうつり
そのおもひ 邪なれば 燃え尽きる

雅も邪もある身の人間(じんかん)なれば 
燃えるほか 道やあらん
(Cerberus)



(Cerberus)は封印の獣
二十数年の封印を解いて
詩を書き始めるための一里塚

とにかく作品No.700~1232まで
500作品以上を公開したことになります

そこで「纏集」を作成
(おまとめ集)

詩の系列ごとのINDEXです
すべてリンク済なので
精神状態が強靭な方は
ご覧くださいませ

精神状態が虚弱な方は
「堀川ひとみ」さんのCDを
お買い求めの上
閲覧くださいおすすめ!





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック