Follow me




病気って本当に克服できるのかな
罹患したり予防注射すれば
二度と水疱瘡には罹患しないと
本には書いてあったけれど

左腕がね帯状疱疹に罹患してね
本当にズキズキしたんだよ
その原因って何か知ってる?
水疱瘡なんだって

水疱瘡の菌が体内に隠れていてね
抵抗力が低下すると顔をだすんだって
その時ね 神経を刺激するんだってさ
本当に痛かったよ

水疱瘡の菌に対する
抵抗力がまたできるまで
しばらくかかったよ
あと二十年は再発しないけどね

心の病って克服できるのかな?
ボクは赤面恐怖症だったけどね
星新一のショートショートが
救ってくれたけどね

治癒しない病気もかかえているよ
欧米の人に多い病気だけどね
「尋常性乾癬」って病気だよ
人にはうつらないけどね

「うつ」の時代になったのか
診断法が確立したのか
「うつ病」の人 ふえたよね
ずいぶん苦しんでいるね

ボクは意識的に精神状態を
「うつ」においているけどね
そうしないと「躁」が続き
無茶苦茶しちゃうからね

自分は「うつ」を克服したなんて
本当に宣言できるのかな?
物事には原因があって結果があって
暫定的結果でしかないよね

原因は残っているよね
残っていなくっても
似たような状況が訪れれば
再発するよね そうだよね

君の癒しは看護でなくて
カタルシスだとボクは言ったよね
その意味 わかっているの?
それじゃ整体師みたいだよ

君の歌は人を癒すのではなくて
自分が癒えていった過程を
表現することでのカタルシス
そんな意味での「癒し」なんだよ

ボクは子供の頃から
人と違うことを誇りにしてきたよ
それが人と比べて
マイナスどろうと プラスだろうと

遺伝子の多様性こそが
意伝子の多様性こそが
人間の人間たる尊厳だよ
人間の人間たる表現だよ

ボク 何が言いたいんだろう
ボク 何も言わないんだろう
沈黙に勝る表現はないからね
それでも表現せずにいられない

「生きた証」ではなくて
「生きる証」として
「活きる証」として
それでも表現せずにいられない

ボクがボクであること
ボクがどこから来て
ボクがどこに行くのか
アイデンティティの導(しるべ)

自分で構築して 他人が認知して
アイデンティティは成立するけれど
自己同一性って翻訳されるけれど
同一ではありえないよね

移ろってこその 変わってこその
アイデンティティでなければ
その表現でなければ
アーティストじゃないよね

もう勘違いはよしてよ
道を踏み外すのは
それが道じゃないからだよ
「道」って何 「道」って無いよ

それぞれ異なる者が
同じ道を辿ること自体が
変だし 無理なんだよ
「道」は「既知」じゃないよ

「道」は「未知」
君がその足で
大地を踏みしめれば
そこが「道」となる




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック