たたずむ


佇む・・・たたずむ

このブログで何度も使用した言葉だね

同じ場所に佇むことはできても
時の流れの中に佇むことはできない
佇むことも流れることらしい

付かぬうちに
随分 時が流れた
ボクは佇み ボクは流れる

ずっと同じ場所に佇み
君を見詰めていたはずのボク
何時しか君を眺めていたことに気付いた


蛍火のように
仄かに明るいもの
灯し続ける

炎 とならぬよう
災いとならぬよう


卑怯者 逃げてばかり
何が 佇みも動詞であるだ

何度 同じ過ちを繰り返すんだ
過(あやま)ちが 去ると書いて「過去」と読みます
馬鹿な逃げ口上を打つな




「パンドラ月間」もあと十日

6月2日(誕生日)が来れば

「パンドラ月間」は終了




今年も心静かに終われそう



この砂時計が 時を刻み終えるとき

最後の一粒が 落ち終えるとき

この密閉されたガラスの内なる空間から
開放されるとき

僕の本当の沈黙が 開始されるとき

僕が愛した人々の 
僕を愛した人々の

悲しみや喜びや
それらの満ち欠けよ

何も言えずに そうするよりは
何も言わずに そうすることだ

サヨウナラ さようなら 左様なら
そうであるから

壮絶な人生としなかった
ガラスの内なる壮絶さを
わかってほしい



(詩集「空気時計を見詰めながら」エピローグより)





空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック