安寧の日記(10/4)堀川ひとみ


 10月になって新番組が登場する一方で、終了となった番組もあった。川崎FM「堀川ひとみの禁断のmy room」もそのひとつである。2年間続いていたこの番組もなくなってしまいました。

 空気時計は「Podcast版「堀川ひとみ『禁断のmy room』」の形で聞いていたのですが、最近はちょっとご無沙汰していたので、最終回も彼女のブログを拝見するまで知りませんでした。

 このブログでも、何回も記載しましたよ。
 おまとめ(←クリックで移動)

 1stアルバム、2ndアルバムも購入し、何度も聞きました。

 ・・・空気時計のジンクスでは・・・
 空気時計が注目している間は爆発的ヒットをしない。
 だからね、あえて近年は遠ざかっていたのです。
 彼女がメジャーになってほしかったからね。

 1stアルバム、2ndアルバムを聞いていて感じたのは
 彼女の作品は「カタルシス系癒し」ということですね。

 彼女自身は「晒す」をコンセプトにしているみたいですね。

 空気時計は思うのだけれど、作品を公開した時点で
 ことさら自己を晒さなくても露呈してしまうものだと。

 空気時計は想像(妄想?)するのが大好きなので
 1stアルバム、2ndアルバムを聞きながら
 様々なことを憶測してしまって、多少トラブりましたね。

 彼女の作品はYouTubeで検索するば聞けるので
 興味のあるかたは視聴してみてください。



彼女の作品に出会い
FMの放送を聴き
様々な事情や経緯を知り
空気時計が彼女の進むべき道として
当初からブログでも公開していた
森田童子「センチメンタル通り」です。

FMの放送も終わり
新たな出発をする彼女の
3rdアルバムに期待しながら
今後のご活躍をお祈りいたします。

画像





 

この記事へのコメント

  • 堀川ひとみ

    空気時計さん
    10/3、十三号地楽団のライブに行きました。
    あなたのブログの記事のことで
    みんなと盛り上がりました。

    私が通ってきた道は
    空気時計さんの想像よりも
    昼ドラな道だったかな。

    途中、架空の凶器をもったりして空想殺人犯にもなったくらい
    大変な2008年でした。
    2009年に入ってからいささかおちつきを取り戻したものの、
    相変わらずイバラですw

    変わらぬ応援、感謝します。

    2009年10月06日 00:41
  • 空気時計

    拝啓 堀川ひとみさま
    空気時計の基本的スタンスが、物事に対して右斜め45度なのだので物議を醸しそうですね。加えて空気時計の表現はあまりに抽象的・婉曲的過ぎて申し訳ありません。
    2009年10月06日 22:19

この記事へのトラックバック