安寧の日記(11/26)理解


人に理解されたいのなら
人を理解することだ

そうは思っているけれど

「理」を「解」する
「ことわり」を「かい」するには
物事の筋道を知らなければ
はじまらない

物事の筋道
その代表的なものは
「因果」かな?

原因があって
結果が生じる

ただ 複雑にしているのは
原因が多種多様なことかな?

内的要因 外的要因
結果もまた何等かの原因となる

「人に理化してもらえない」という結果は
外的要因だけでなく
内的要因も多々あるのではないでしょうか?

ただ 自分を晒すことだけで
人の理解を得ることはできないと思います

筋道のある自己の晒し方
それが必要じゃないでしょうか?



3rdアルバムを年明けにリリースするそうで
もっかアルバム制作に尽力中だそうです

「November 10, 200902:38私がアスペルガーを公表する理由」のブログで
「理解」いう言葉を使われていたし
3rdアルバムのコンセプトなのかな?

空気時計は底の浅い人間なので
理解されてしまうと
底の浅さを露呈してしまうので
「理解」しがたい言動が多いのです

1st 2nd アルバム 素敵でしたよ
このブログでも何度となく記事にしています

空気時計のブログのフロント
右上に「おまとめ集」があり
その5番目にリンクがありますよ

興味のある方は
見てやってくださいね

この記事へのコメント

  • 堀川ひとみ

    自分のブログのコメントも反映できない忙しさの中で
    この記事を見つけてしまったので こっそりコメントします

    動画紹介ありがとうございます。
    今回のアルバムは「理解」がコンセプトです。

    「理解して」から「理解する」というところに最終的にいきつく流れとなっています。
    ひとりひとりが尊重されるには、ひとりひとりがきちんと理解されることがとても重要な気がしています。人間って不完全だけど、そんな不完全な人間同士がお互いをバカにしたりすることもある。それって、自分自身の不完全をちゃんと把握していないからじゃないのかって思うんですよ。
    私のブログもしくは、会社のブログ(←これからたちあげるのだ)で
    理解の仕方 ということについても徐々に触れていくつもりです。
    3rd よろしければ是非ご予約を♪
    (もし本名でこっそり予約済だったらいきちがいすみませんm(_ _)m)
    2009年11月26日 23:16
  • 空気時計

    堀川ひとみさま
    ブログを拝見することで3rdを購入するかは決めるつもり。今後、どのような展開をするかで、おのずと3rdのできばえは判断できるかと思っています。
    2009年11月27日 22:29

この記事へのトラックバック