安寧の日記(1/17)答えのない旅―3


「一定の表現の枠から出るためにどうすべきか?」

これがこの旅の出発点。

14歳の8月からはじまり
作品No.1310まで至る作品群

この問題はなかなか難度が高い

画像


問題文があまりにも不明確過ぎる

"What should I do to go out of the frame of a constant expression?"

「一定の表現の枠」とは
かつて表現した
表現パターン
表現の素材の組み合わせ

そこから解脱するには
どうすればいいのか?

画像


まず問題から逃げないこと

画像


答えが得られたとしても
その答えの暫定性は
ありえること

画像


いろんな戸惑いの中
ボクが出した答えは


画像




「今 ここにいるボク」でなく
「今 そこにいるボク」である

作品No.1からNo.1310までの
表現の礎の上にそれはある

「一定の表現の枠から出るためにどうすべきか?」

今 そうであることを受け止め
今 そうであることを明らかにし

そこから次の展開を始めるしかないのだと

・・・でも 一体 何から始めればいい?

問題が問題を誘発する
その繰り返しが大事なのだと

ボクの
「答えのない旅」は
まだまだ続く・・・
空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック