安寧の日記(2/14)如月


【なぞなぞ】
月とお日様と星が、一緒に旅をしました。
ある日、月は寝坊をしてしまい、月とお日様は
先に出発してしまいました。
その時、星は月とお日様に対して
ひとこと格言を言いました。
何と言ったでしょう


もう2月も中旬。
さすがに2月と3月は
毎年 あっという間に過ぎていく。

そんな繰り返しで
本当に「月日の経つのは早いものだ。」
思わず【なぞなぞ】の答えを言ったりします

【なぞなぞ】
牛と狐と象が旅をしました。
ある日、泊まったホテルが
あまりにも酷かったので
3匹はもんくを言いました。
何と言ったでしょう?


【なぞなぞ】
狐と狸と犬と猫。
「宝くじ」を買っても
絶対にあたらないのは?


如月-きさらぎ-
冷え込む季節なので
服を着て、またさらに服を着る
着る+更に着る=着更着

一月仲  おもひは二月

三月の逢瀬に  胸四月

愛し五月まじ  六月まじ 

七月まじ  溜息八月

九月  

十月

十一月  

十二月除夜の鐘?  


睦き仲(むつき-なか)
おもひは衣更着(おもひは-きさらぎ)
夜宵の逢瀬に(やよい-のおうせに)
胸 疼き(むね-うづき)

愛しさ 尽きまじ(いとし-さつき-まじ)
御名 尽きまじ(みなつき-まじ)
文 尽きまじ(ふみつき-まじ) 
溜息は つき(ためいき-はづき)

名が 尽き  神な 尽き
詞も 尽き  She has gone?


仲むつまじくなってからは

おもひが かさねぎするように つのり

よるの しのびあいを 思うと

むねが うずきます


あなたへの愛しさが 尽きるはずもなく

あなたのお名前も 私の胸で 尽きることもなく

互いに やりとりする 文も 尽きることが無い

ただ ただ おもひが つのり 溜息をつくばかりです


(朝廷の内紛で 政敵に陥れられて)

私の名声が 落ち

神からも 見放され

帝からの お言葉も かけられないようになったら

あなたは 私のもとを 去ってしまいますか?


思わず以前書いた「恋暦」の詩を思い出してしまいました。



あまりのくだらない詩に
こんなブログには「モウ・コン・ゾウ」

あまりのくだらない詩に
「 からくじ」を掴まされた気分
「宝くじ」の「たぬき」だね。

画像


男の恋文に女がこう返歌した

私に 恋(鯉)暦を 贈ってくださった 
あなたさまですもの
中国(とつくに)の故事にもある
鯉が滝を登り龍となるように
あなたさまの名誉も回復されると信じて
わたしは あなたさまのそばを 
離れないと(とっくに)決心しております。


空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック