音楽





アニメ「花咲ける青少年」を鑑賞中


通勤電車の中で
毎日ワクワクしながら
小さい画面を見ています





最近 詩を書いていないね

以前はあんなに書いていたのに





翻訳も少ししてみたね






ボクがまだこどもで
クリスマス・ツリーが大きく思えた頃
みんなで遊んでいるとき
ボクたちは愛に夢中だった

理由は聞かないでおくれ
やがて 時は過ぎ
何処かの誰かが
まるで遠くからのように
入り込んできた

今では ボクたち
ツリーさえ 小さく感じてる
そして 君はあの頃ことを口にしない

でも ボクと君
ふたりの愛は消えたりしない
それでも若葉の頃 ふたり涙するでしょう

ボクと君 見守ってくれるリンゴの樹
落ちゆくリンゴ ひとつひとつ眺めながら
そのすべてが 鮮やかに蘇る
君の頬にキスした ボクの君になったあの日

ボクがまだこどもで
クリスマス・ツリーが大きく思えた頃
みんなで遊んでいるとき
ボクたちは愛に夢中だった

理由は聞かないでおくれ
やがて 時は過ぎ
何処かの誰かが
まるで遠くからのように
入り込んできた・・・





空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みく
2010年05月27日 11:20
私の幼い頃の王子様は、「マーク・レスター」でした
You Tubeはどれも懐かし過ぎて、何故か思わず『クスッ』と笑っちゃいました

「サバの女王」は、姉が好きで良く聴いてたので、私も幼いながらも感動しながら聴いていたのを思い出します

ほんわかな気持にさせて頂きました(^^♪

ありがとうございます
空気時計
2010年05月27日 12:49
みくさま
古ーい曲ばかりです。でも、今更ながら聞きたくなる曲ばかりです。

この記事へのトラックバック