Bridge Over Troubled Water







もし 君が疲れてしまったのなら
もし 君が萎んでしまったのなら
もし 君の目に涙にじんでいたら
全て ボクが拭い去ってあげよう
君のそばにいるよ そんな時こそ
ほかに誰も いなっくても
人生の荒海の防波堤に ボクがなろう
人生の荒海の防波堤に ボクがなろう

もし 君がうちのめされ
もし 君が路頭に佇んで
もし 君が黄昏てしまったら
闇夜に 心が張り裂けそうなら
全て ボクがかわってあげよう
人生の荒海の桟橋に ボクがなろう
人生の荒海の桟橋に ボクがなろう

さあ 旅立つんだ あるべき君へ
ごらんよ 時めく夢を 輝く君自身を
君にお似合いの船長が必要だね
ボクは その船のあとから 漕ぎ出そう
人生の荒海の艀に ボクはなろう
人生の荒海の艀に ボクはなろう


艀:はしけ





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

パンドラ月間
Excerpt: パンドラ月間 最後の土日
Weblog: 空気時計を見詰めながら
Tracked: 2010-05-30 18:13