安寧の日記(7/31)7月


7月に書いた新作の詩は一編のみ


C-Lover(Soloist who doesn't have audience) (クリックで移動)


7月に公開した詩は多数
過去の作品のオンパレード
6月に開始した
原稿用紙をそのままスキャンして
詩を公開するパターン

全67作品を公開中



マンダラの君へ

自分自身では記念碑的作品
なぜ今まで公開しなかったのかは
パソコン入力をしようとすると
その当時のことが思い出られ
切なくなりすぎるから

本来の題名は
「それより尊きもの」

ある「学会」に所属する
女性に送った詩

通称「学会」
なぜかあの方々は
「創価学会」とは言わず
「学会」と呼称する

前四章

一章 四部構成

一部 4パート

原稿用紙16枚

「起承転結」のなかに
「起承転結」
その三重構造

4*4*4*4=256行




原稿用紙スキャンは
あまりに数が増えすぎたので
リストを整理整頓

http://kuukidokei.spaces.live.com/

ここでリストをリンク公開しましたよ

よかったら おひまな時にでも

この記事へのコメント

  • kurumaisu330

    足跡から、来ました。
    あなたは、シュールリアリストですか?
    2010年08月01日 12:43
  • 空気時計

    kurumaisu330さま
    ご訪問ありがとうございます。空気時計がシュールリアリストかとのご質問ですが、基本的には「見えないからといって、見落としてはならない何かがある。」が信条です。「シュールリアリスト」を日本語にするのも困難ですが、それだけに相互の辞書が同じでない限りは、お答えの使用がないのかも知れません。
    「アウフヘーベン」を高次的合一と解釈するならば、空気時計は「根源的合一」を常套手段としています。これで答えになりますか?またのコメントをお待ちいたします。
    2010年08月01日 22:19
  • kurumaisu330

    誠意ある、回答、ありがとうございます。
    僕は、狂気の世界は、今、遠ざけています。
    まだ、作品と、言えるものは、作れません。
    ただ、全てにおいて、自然体で、ありたいと、想い。
    足固めを、している、途中です。
    2010年08月04日 01:47
  • 空気時計

    kurumaisu330さま
    コメントリターンありがとうございます。「狂気」は遠ざけることが可能なものではなく、できるとすればそれは「狂気」ではありません。作品と言える作品を作るために、演出でない狂気が訪れることをお祈り申し上げます。
    2010年08月05日 22:03
  • 空気時計

    kurumaisu330さま
    大変、申し訳ありません。ブログを拝見して、反省しております。上記のコメントが不適切であったことをお詫びいたします。
    2010年08月09日 22:59

この記事へのトラックバック