C-Lover(Chocolat)




Presentiment of sweet, slightly bitter love


コンコン コンコン
裏木戸を叩く音が

「鞍馬より牛若丸の出でて
 その名を九郎判官。」

声に答えて
「義経にしておけ。」

青菜の一節
阿吽の呼吸

コンコン コンコン
また裏木戸を叩く音

「鐘は枕 雪は?」
「簾(すだれ)」

枕を そばだて
簾を かかげて

白居易の一節
比翼連理の理

コンコン コンコン
また裏木戸で声

「相互に道があり
 相互に家があり。」

「仮想の夜空
 互道と称し…」

「つながるでなく
 はなるるでなく」

「独白のリフレイン
 ダイアローグとなれば」

「甘くてほろ苦い
 大人のチョコ」




「青菜」:落語より

遺愛寺の鐘は枕を欹そばだてて聴き
香炉峰の雪は簾をかかげて看る


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

2010年を振り返って(7-12)
Excerpt: 7/3 C-Lover(Soloist who doesn't have audience)(←クリックで移動、以下同様)
Weblog: 空気時計を見詰めながら
Tracked: 2010-12-31 20:56