山頭火の日記(鉄鉢)


画像


さゝげまつる鉄鉢の日ざかり

山の中鉄鉢たゝいて見たりして

鉄鉢、散りくる葉をうけた

鉄鉢の中へも霰

鉄鉢たたいて年をおくる

お正月の鉄鉢を鳴らす

春風の鉢の子一つ

秋風の鉄鉢を持つ

汗はしたゝる鉄鉢をさゝげ

鉄鉢の暑さをいたゞく

炎天の影の濃くして鉄鉢も

どこまでついてくるぞ鉄鉢の蠅

鉄鉢の秋蝿を連れあるく

秋暑い鉄鉢で、お米がいつぱい

春はゆく鉢の子持つてどこまでも




山頭火は「托鉢」と呼ばず
「行乞」と呼んでいる。

「行乞」といえば「鉄鉢」

山頭火の日記に登場する
「鉄鉢」が登場する句を
並べてみました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

安寧の日記(1/10)山頭火
Excerpt: 今年は山頭火についてブログの記事にしようと思い 倉庫から資料一式を探し出してきました
Weblog: 空気時計を見詰めながら
Tracked: 2011-01-10 17:15