ノート手帳化

A6ノート(ハガキサイズ)を手帳として使用しています。





いわゆる100円ノートなので
そのままでは体裁が悪いので
カーバーをつけて使用しています。

商品のカテゴリーとして
A6ノートを2冊収納できて
1000円~1500円程度の商品は

画像


画像


画像


この3点を試用してみました。

最終的に使用しているのは





選んだ理由は…

(1)手帳なので素早く取り出し、すぐに記入できること

   (※チャックを開ける動作は不要)

(2)収納性+収納物を素早く取り出せること

   (※外側の二つのポケット、内側にも2冊のノート+多少の収納)

(3)堅牢性

  (※ノート記入時に書き込み安いこと)

以上の理由です。

私の使用方法は「書き込み」と「貼り込み」
「貼り込み」は「貼って剥がせる」「しかり貼る」の二通り。

「貼って剥がせる」はノートを使い切った時
次のノートに引越しさせるものに使用。

2冊のノートのメインは96頁のノート。
もう一方はサンダーバード2号形式。
その日の仕事内容でコンテナ差し替えです。

現在32冊目のノートになりました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック