「Sword of Gold」太陽編

安寧の日記(3/15)振替休日」について

画像


あらすじみたいできごちないけれど
想定が「いにしえの記憶」の断片なので。

・・・あれっ・・・保存し損なってる。
・・・保存前だけでも



終わらせなければ
始まらない物語
蒼紅の時は過ぎ去り
黒白の時に行き着く

理髪店の前で周り続ける
動脈と静脈と包帯のトリコロール
サンセット・サンライズの黒白
夜空も黎明も 時間も空間も

終わらせなければ
始まらない物語
蒼紅の時は過ぎ去り
黒白の時に行き着く

HALに代替された
記憶と思考 秩序と混沌
解凍され覚醒した一部
解凍され治癒する一部

少しずつ 少しずつ
心身を構築しながら
アウフベーベン号は
時空の裂け目に佇む

「太陽の瞬き」
北アフリカの遺跡だけに
残された壁画
それがボクのはじまり

一方から欠け始めた日輪
他方から一歩へと満ち
最初のイブは生まれた
デルタ波動の悪戯

歴史は繰り返し22XX年
「太陽の瞬き」は再現され
多くのボクの仲間は生まれ
「ひとり達」と命名された



デルタ波動は
太陽に対し平行に発生した
巨大な磁気トルネードによる
「太陽の瞬き」の副産物

「ひとり達」は
デルタ波動が
受精したばかりの卵子に影響し
生まれてきた子供たち

治療技術が確立されるまで
個々にパッキングされ
冷凍保存されてしる

主人公はその治療の実験体1号

デルタ波動は以前から発見されていて
水の氷結体積を最小化することが知られている
これにより人体の冷凍保存が可能になった

デルタ波動の発見は
ポリマー樹脂にも応用され
パッキングの容器
ハニカム・ポリーマーとなる

またデルタ波動を6本束ねた
ハニカム波動は
通信手段となっている

ハニカム波動の特性は
情報の通信と動力伝達の同時性
これによりナノマシーンへの
指令と動力を供給

デルタ波動エンジンも開発中であるが
デルタ波動発生装置が貧弱
エンジンを始動するには至っていない

部分解凍 部分治療の連続
二十数年が過ぎ 治療法確立

黒島助手の裏切り
軍部への技術提供

月面基地へつれていかれ
波動発生装置がある
開発中のロケット内で
主人公の治療はつづけられる

死なない 自己増殖
他生物の細胞からも
自己再生する兵士



再度 磁気トルネード発生
今度は太陽に対し垂直に

「太陽の欠伸」発生

大量のデルタ波動発生
ハニカム波動通信の狂い
太陽の肥大化進行

・・・という内容だったのですが

これが「パルタ誕生編」のバックグラウンド

「太陽の欠伸」によりハニカム波動通信は狂い
パルタは一細胞とナノマシーンの塊となり
地下深くへともぐりこむ

太陽の肥大化は
地球の表面を熔かし
地球の生物は死滅

多量のデルタ波動により
波動エンジンが始動
主人公を乗せたロケットの内のラボとともに
宇宙空間へと・・・

(このあと「ヨモ大陸編」へと続く)



空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 構想中…

    Excerpt: 制作メモがありらこちらに散在していて どの時代、どの国から始めるか考慮中。 Weblog: 空気時計を見詰めながら racked: 2014-05-17 14:01