安寧の日記(6/13)November Steps


おそらく40年ぶりにNovember Stepsを観賞。

前回はLPレコードだったけれど
今回は動画。





※November Steps

武満徹が1967年に作曲
琵琶、尺八とオーケストラのための音楽作品

一日の疲れを
特に精神的疲れを
その刺激で揉み解してくれる感じ。

私はこのブログで観賞した感想を
あまり書かない。

基本的に一度無意識の底に沈めて
また何等かの形で浮上してきたものが
感想であると思っている。

今回、あえて感想は「ガジャガジャ」。
漢字で表記すると「雅邪雅邪」。

琵琶が雅で 尺八が邪でなく
琵琶、尺八ともに雅と邪を秘めながら
それが相まって形成される調べを感じました。

雑音すらも調べとなって
表現をなしていくのです。

人間が道具としての楽器を駆使して
奏でることができる音の可能性を
余すところなく出す・・・そんな楽曲です。

画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ガジャガジャ
Excerpt: 制作経緯は http://jinojin.at.webry.info/201206/article_9.html...
Weblog: 空気時計書庫
Tracked: 2012-06-13 22:55