安寧の日記(8/26)『スター・トレック』

安寧の日記(8/26)『スター・トレック イントゥ・ダークネス』」について

急きょ 前作「スタートレック」を観賞。
便利な世の中に感謝。

ああ それでスポックがふたりか
納得。

最近 作品を公開していないことを反省。

画像

画像


以前から悪魔に関するものが書きたいと思い
様々に模索中だったのですが、
なんとなく進行中。



この落語をふと思い出し
この作品をヒントにして
制作中です。

【冒頭部分のみ公開】


気が付けば
こんもりとした森の入口に
私は佇んでいた
夕暮れは近い

(俺をよんだな)
森の方から
しわがれた声
夜明けは遠い

「ここは何処だ」
「お前は誰だ」
(ここは個々だ)
(俺は俺だよ)

「私がお前をよんだのか」
「よんだ私がここによばれた」
(なぜ個々なのか)
(心当たりがあるだろう)

「私は急いで
 病院に戻りたいのだ」
生まれくる命と
消え去る命と

(気にするな)
(ここでの一日は)
(そこでの瞬き)
(気にするな)







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

安寧の日記(8/31)古事記
Excerpt: 『古事記』 2013年9月 (100分 de 名著)NHK出版 2013-08-24 Amazonアソシエイト by
Weblog: 空気時計を見詰めながら
Tracked: 2013-08-31 21:25