安寧の日記(4/9)コメント


詩を書きとめぬ日が続く

そのかわりに
詩のブログにコメントを寄せています。

間違いだらけのステンドグラス

大抵の詩のブログは
何かしらの違和感がつきまとうのですが
このシープさんのブログは
そうでもないのです。

コメントしやすいブログだと
感じています。

コメント例を列挙すると…

こんにちは。
木の葉、散らずば土とならず、
木の花、枯れずば実とならず。
思い出にふたをするのは何?


こんにちは。
待ちわびた春、
何かが動き出す時。
毎年そう感じながら、
一歩一歩しか歩めない。
立ち止まり、振り返り、
また一歩を刻む。


こんにちは。
未来へ、来世へ。
輪廻の狭間、誰かの親であったこと、
誰かの子であったことの同時性に存続はあったのですね。
忘れてこそ、それは意識の底に沈み、
普遍のものとなるのですね。


意味ありげで
大して内容のないコメントばかりで恐縮。

先日のコメントで…

こんにちは。
「霧の溜まる村より」シリーズは、もう何作目になりますか?
村民の営みは黙々と繰り返され、地産地消で潰え去る。
声なき声が、霧を留まらせる山々に木霊して、流れるべき時の方向を囁く。

昨日かくてありけり、
今日もかくありなん、
何も明日をのみ思い煩うこともなし。


ラストの3行
なんとなく思い出して
書いてしまいましたが
なんと島崎藤村先生の・・・

画像


・・・だったのです。

「間違いだらけのステンドグラス」
気が付けば2012/6/15(金)が
最初のコントらしく
もう4年近くもコメントを
寄せ続けていたのですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック