「安寧の日記(8/30)リバース」について

安寧の日記(8/30)リバース」について

安寧の日記(1/22)遅攻・速攻から始まった
一連四行の詩

安寧の日記(2/9)途中経過

安寧の日記(2/16)起承転結

安寧の日記(2/17)起承転結-2

四連を一章として四章の構成。
四という数にこだわったのは
「起承転結」の構想だったかれです。

「起承転結」は表現の基本ですからね。

安寧の日記(2/18)【それ】について
【それ】という指示代名詞
場合によっては【それ】が具体的に何を指しているのかも
明確にせずに詩を展開することも多々あり
今回は【それ】=月ではありました。

安寧の日記(3/4)遅々として
作業は進まずでした。

安寧の日記(3/15)走り書き
部品を制作しつつ
順番を入れ替えたり
組み合わせを変えてみたりしながら
七か月かかってしまいましたね。

通常はこの程度の長さの詩であれば
二十分もあれば書き上げるのですが
今回はあえて意識上で制作してみました。

安寧に日記(5/16)断片
安寧の日記(5/20)詩はカオスであるか を経て
やっと完成しましたよ。

Biglobeのブログで完成品を公開しました。
自分で読み返してみると
どうも暗い方向に終着してしまったので
Yahooのブログでは反転(リバース)させました。


https://blogs.yahoo.co.jp/jinojin/66233238.html



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック