安寧の日記(8/21)語源


「二進も三進も行かない」の
二進・三進って
珠算の用語だそうです。

2÷2=1(二進)
3÷3=1(三進)

どちらも商は1になるはずなのに1にならない状態。
どうにもならいない状態。

二進も三進も・・・この言葉にであったのは何時?





今年の抱負に書いたのは
「二進も三進も行く」だったのです。

二進(ニッチ=隘路)を三進(察知)して行く

「二進も三進も行かない」状態でも
一進(イッチ)は存在します。

それは、時の流れです。
どうしようもない状態でも
時は過ぎていくのです。

時が過ぎれば
その刹那と次の刹那は
同じようでも同じではない。
つまり「不イッチ」なのは
皮肉なことですが。


画像


画像


画像



画像


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック