a安寧の日記(12/31)砂時計


どうやら見えざる手が
砂時計をひっくり返し
違った時間を刻み始め
ボクは戸惑っている

閉ざされたガラス空間
限られた砂の量
見えないけれど
限られた空気

落下と同時に上昇し
等価交換は時を刻む
互いに隙間ですれ違い
互いに出会い別れる

この砂時計が
時を刻み終える時
見えざる手は
私を受け止める


この記事へのコメント

2019年03月17日 09:55
It's perfect time to make a few plans for the longer
term and it's time to be happy. I've read this publish and if I could I wish to suggest you
some attention-grabbing things or advice. Maybe you could write subsequent articles
referring to this article. I desire to learn more
issues approximately it!
istanbul escort
_irinevler escort
taksim escort
mecidiyek escort
_i_li escort
istanbul escort
kartal escort
pendik escort
tuzla escort
kurtk escort

この記事へのトラックバック