安寧の日記(4/25)氷河期

詩が書けぬ日々が続く。

日々ではなく年月と表記すべきか。

14歳から25歳まで詩を書いて
二十数年の氷河期。
46歳からまた書いて
また氷河期らしい。

考えようでは間氷期?


■なりわい

世間の乾風 風車まわり
本支給までの日々
やりすごす

ああ もう 終息しても
いい 頃・・・な のに
隔絶の時は続く

マスクで閉ざした本音
手洗いの励行 三密避けて
みんな ひきこもり

もともとの ひきこもりは
仲間ふえたと喜ぶでなく
潜望鏡深度のまま

作品No.1426 としておこう。

"安寧の日記(4/25)氷河期" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント