テーマ:詩の書き方

安寧の日記(1/10)心理学

父の仕事の関係で 中学時代に新書版の心理学の本を読みあさった。 宮城音弥氏の著作だと 『心理学入門』岩波新書, 1952 『精神分析入門』岩波新書 1959 『性格』岩波新書 1960 『天才』岩波新書 1967 『新・心理学入門』岩波新書, 1981 『岩波小辞典心理学』 岩波書店, 1956 最近、放送大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十万億土―2

記事部分 参照 10万だったので 恒例の参照数ベスト20の公表です。 【第一位】参照数892  「お医者さんの広告―標榜できる診療科目」 意外にも空気時計が世を忍ぶ仮の姿 給料をもらう業務内容の記事。 (空気時計は医者でも歯科医師でもありませんが) 赤鉛筆一本で家族を食わしています。 (競馬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩の作り方・詩の書き方

自分自身でも時々見失ってしまいますが 詩の作り方・詩の書き方について ここでまとめておきます。 ボクの暫定的でない結論を先に述べておきます。 詩は書くものではなく 詩は生まれてくるもの。 ただし、学校の宿題等で詩を書かねばならない時もありますね。 どうしても書けない時は、「連想連鎖法」をご提案したします。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more