空気時計を見詰めながら

アクセスカウンタ

zoom RSS 安寧の日記(1/22)遅攻・速攻

<<   作成日時 : 2017/01/22 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このブログで700編以上の自作詩を公開してきました。
当初は下書き(手書き)をしていたのですが
徐々にキーボード入力で一発書きへと移行できました。

パソコンを清書の道具にするのでなく
パソコンを思考の道具へと進化させること
それは私の持論であったので
それはそれでよかったと思います。

ただ、ブログで書く詩は
上記の都合で推敲が浅く
長編詩は長さとしてそぐわない
したがって短めの分かりやすい詩が
望ましいというのが客観的に言えるでしょう。

そこで今年は
もっと推敲した詩を公開したいと思います。




それは自らは輝かぬ
天体でありながら
ひと時の希望のように
夜空に輝くのだ


例えばこんな四行を書いたとします。

基本的な文書の書き方として
「起承転結」というものがあります。
この基本に従いつつ
四行を書いたとします。

この四行を一連とすると
「起承転結」をまた適応して
「起連・承連・転連・結連」を
作るとすれば・・・

それは自らは輝かぬ
天体でありながら
ひと時の希望のように
夜空に輝くのだ

それはえくぼだらけの
球体でありながら
ひと時の希望のように
満ち欠けを繰り返すのだ


「それは」という主語が気になるかも知れませんが
そこは空気時計の癖みたなものだと
思ってください。

指示代名詞の指示先が欠落していますね。
「月」が指示先としておきましょう。

・・・こんな感じで
今年は詩を書いてみたいと思います。


画像
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NEC Direct(NECダイレクト)
安寧の日記(1/22)遅攻・速攻 空気時計を見詰めながら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる