空気時計を見詰めながら

アクセスカウンタ

zoom RSS 安寧の日記(4/10)時間結晶

<<   作成日時 : 2017/04/10 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ボクは長い間、考え続けていたのです。

時間は過去から未来へと流れているのか?
時間は未来から過去へと流れているのか?

よく川の堤防を歩きながら考えていたのです。

唯一、真実だと信じてきたこと
それは因果律。原因があって結果が生じる。

もし、未来から過去へと時間が流れているのならば
この因果律は真実足りえるのか?

ボクは「真実」と「信実」を使い分けています。
辞書的な「信実」ではないのですが。

自分がそれが「真実」であると信じているもの
それが「信実」であるという意味で。

よく川の堤防を歩きながら考えていたのです。

時間の流れが川の流れに例えるとうすれば
自分という存在は何になるのかと。

川を眺めているとふたつが見えてきます。
水の流れと それを受け続ける橋脚です。

時間が過去から未来へと流れるのならば
自分という存在は川の水に近く。

時間とともに流れていくよ。

時間が未来から過去に流れているのならば
自分という存在は橋脚に近く。

時間は存在をすり抜けていくよ。

川の上流で赤い玉を流し
5分後に青い玉を流すとするよ。

橋脚はまず赤い玉を見て
5分後に青い玉を見るよ。

決して逆はないよね。
未来を変えようがないよね。

ある日 気付いたのです。
空間というもうひとつに。

橋脚は不動だけれど
ボクは動き回れることに。

赤い玉を見ることもあれば
見ないこともあり。

青い玉を見ることもあれば
見ないこともあり。

別の赤い玉を見ることも
別の青い玉を見ることもあるさ。

つまりね、トランプなんだよ。

よくシャッフルされたトランプ。
そのカードの順番は不変だとしても。

どのカードを自分が引くかは
変わってくるんだと。

だれが何枚ひくかで変わるんだと。
自分がが何枚ひくかでも変わるんだと。

だれが先にカードをひくか
自分が何番目にカードをひいてもね。

運命が時間の結晶で変えようがなくても
その運命が自分に巡ってくるとは限らないと。

それでも生まれた以上は
何時かは死ぬという運命は変えようもないけれど。








にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
安寧の日記(4/10)時間結晶 空気時計を見詰めながら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる