・・・もう(No.743)

卑怯者 逃げてばかり
何が 佇みも動詞であるだ

卑怯者 愚か者
なぜ 当たって砕けてもいない

お前なんて 砕けてしまえ
お前なんて 消え去ってしまえ

何度 同じ過ちを繰り返すんだ
過(あやま)ちが 去ると書いて「過去」と読みます
馬鹿な逃げ口上を打つな

ボク と書くときは 素直なのです
嘘をつくな 謀るな
少年仮面は 見え見えだ

素顔の振りして 仮面を被るな
自虐する振りをするな

何が 真実は ひとつなのだけど
人が それが真実と信ずるところの
信実は 人の数だけ存在するだ

正々堂々と 面と向かって
言えなくて こんな所で
伝えた振りしてる
そんなの表現じゃねえ

お前が 詩に求めた沈黙は
沈黙なんかじゃない
沈んで黙っているだけだ

いいか 沈黙てのはな
表現しようとして 表現を尽くして
それでも 表現し得ぬもの
それが 沈黙だ

お前は まだ 表現すら してないんだ

自分に怒りを感じている 振りをするな
自己嫌悪の振りもするな

あん時きゃ どうだった
馬鹿みたいに 七年間も佇みやがって
挙句の果てに 告白の手紙かい

返事を直接聞く 潔さもなくて
電話で 振られやがって
その電話が終わってあとで
ふと 見上げた夜空
その瞬間に 確かに「ハーモニカの星」は生まれたさ
でも それは代物機制じゃないか

その翌朝 彼女は 同じ電車に乗ってきて
すまなさそうに 佇んでいたじゃないか
お前は 言葉もかけきれず
電車は 福岡駅に着いてしまったじゃないか

何が 彼女をモデルにした
「大牟田線物語」だ
愚の骨頂だ

何度 同じ過ちを繰り返すんだ
懺悔てのはなあ 神父にするもんだ
こんなところで ウダウダ言うな

言葉じゃねえ 行動で示せ
言葉じゃねえ 具現化しろ

これだけ 書き連ねれば 許されるなんで思うな

責任の取れねえ 言葉や 行動なら 言動なら
するんじゃねえ

ちっとは ひとりよがりを自覚しろ
気付いた振りするな

何が プラトニック・ララバイだ
精神的子守唄だ

肉体と精神は 一蓮托生
切り離せないものを 切り離した振りをするな

笑うな 泣くな 怒るな 
お前は・・・

・・・もう 叱ってやんないぞ
・・・もう 

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック