安寧の日記(8/30)―2

画像
浄化されてしまった。たった、十数年ぶりの20分間の電話だったのに。あなたには、かなわないよ。

「智恵子抄」(二代目 コロムビア・ローズ)EPは実家?
「これじゃ ライオン奥様劇場 
でしょう」
ボクの書いた脚本を 一発否定

「君の表現したいことは、違うでしょう。」
でも、普通の人々には、これじゃないと・・・

「いいじゃない、光太郎の邪悪さを
 人間として どうしようもない 邪悪さを
 君は 君なら 表現できるはずよ
 そうでしょう・・・そうなんだから。」

「青鞜 創刊号 表紙絵・・・書いた人なのよ。」

「彼女を 狂気へと 向かわせたもの
 それは 何なのか 
 君は 君なら 表現できるはずよ
 そうでしょう・・・そうなんだから。」

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

安寧の日記(9/12)
Excerpt:  もう 20年以上前のこと。所属するクラブの発表会の台本づくりで、「智恵子抄」関連の書籍を、十数冊読んだ。高村から智恵子への個人的表現が、やがて万人に普遍した。  「智恵子抄」は、美しくも悲しい愛の..
Weblog: 空気時計を見詰めながら@WebryBlog
Tracked: 2004-09-12 01:05

安寧の日記(1/12)回顧録-700
Excerpt: 客観的に空気時計の詩は 新たなる展開を見せそうもないので 回顧録でも展開をしようかと 温故知新ってところかな
Weblog: 空気時計
Tracked: 2009-01-12 21:49