安寧の日記(7/23) サン=テグジュペリ

 1944年7月31日、地中海上空で撃墜される。60年後、単座双発双胴のロッキード F-5B ライトニングの、左エンジンカウリングに刻まれたロッキード社の製造番号により彼の乗機であることが明らかとなった。亡骸は、残ってはいないだろうな。

 「星の王子さま」は、いろんな方の翻訳で、本屋にたくさん置いてある。でも、挿絵はどうしても、彼自身のがいいと思います。
 
 【それ】第三章「名前のないもの」  と【それ】エピローグ の間には、安寧の日記(11/17)  に「1944年7月31日あたりの あるパイロットの意識」とあるように、サン=テグジュペリをモチーフに制作しようとしていたのですが、眼精疲労と頭痛により、ままらなず第三章のあとに、エピローグをつけた形となったしまったのです。



空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック