出すチン豊富マンになれなかったよ

いきなりの親父ギャグで
博堂ゴメンネ


ダスティン・ホフマンになれなかったよ 〔大塚 博堂〕

「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」が
現実に自分自身のお話で
公務員試験の当日だという理由で
結婚式に顔を出さなかったのは
事実なのです

おもしろいのはね
岡林信康の
「ジェームス・ディーンにはなれなかったけれど」
なんだよ

自分は確かに
ジェームス・ディーンには
なれなかったけれど
夭折もせずに生きている
それで勝ちじゃないかっていう歌

もう ひとつ おもしろいのは
森田童子の「センチメンタル通り」



・・・ロック・ハドソンの「ジャイアンツ」でも・・・

ジェームス・ディーンじゃなくて
ロック・ハドソンなのですね

やっぱ 秋には
さだまさし か
布施明が聞きたいね

信じられないのは
あの「ロミオとジュリエット」の
オリヴィア・ハッセーの
かつての夫が布施明だなんて

秋に聞きたい曲?として
中島みゆきの
「元気ですか」は
秀逸ですよね


中島みゆき 元気ですか

この後に
「玲子 いい女になったね」と
続くのですから





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック