邂逅・彷徨・憧憬

十二時過ぎのシンデレラ」(←クリックで楽曲)



あの頃の君は
いつも12時過ぎにやってきて
コメントを残してくれたね






ボクはボクで
ある意味で「もの狂い」状態
連発して詩を書いていた頃

「ともし火」を信条としてきたけれど
「炎」のままに詩を書いていた頃






やがて 時は過ぎ
やはり 時は過ぎ

熱病の時期は過ぎ







ねェ 君

空気時計が刻んだ時を

空気時計を刻んだ時を

ねェ 君

君も刻まれながら

過ぎてしまった時を





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

2010年を振り返って(7-12)
Excerpt: 7/3 C-Lover(Soloist who doesn't have audience)(←クリックで移動、以下同様)
Weblog: 空気時計を見詰めながら
Tracked: 2010-12-31 20:57