(リングノート)A5ノートにA4用紙を貼り込む


「情報は1冊のノートにまとめなさい」という本に
出会って以来、A6の100円ノートを使ってきました。


情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
奥野 宣之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



A6ノートは確かに携帯性に優れ
また安価なコストで使用できるのですが
やはり面積が狭い分
情報量が書き込めません。

印刷したA4を見開きで貼り付けることも
できず、折りたたむこととなります。

何よりもリーズリーフでないために
順番の入れ替えも容易ではありません。

(1)リーズリーフ形式で
(2)携帯性のある
(3)安価なノート

を求めて試行錯誤していました。

A6サイズよりひとつ大きいA5サイズで
リーズリーフで携帯性のあるノート。

従来は金具で
どうしても厚みが2㎝位あって
携帯性が低かったのですが


画像



リング部分を樹脂にして
薄めのノートが発売されています。


画像


残る問題はA4用紙を
見開きで貼り込む方法。

通常 A4の印刷物を作成しても
周囲に余白が1㎝位はあるので
そこを切り取れば
見開きで貼り込むことは可能なのですが

どうしても中央部分のリングが邪魔。
なおかつ保存用に閉じ込むにしても
穴の部分を見開きの用紙を塞いでしまい
そのに穴をあけると印刷物にも穴があきます。

そこで

画像


書類をふたつ折りにして
中央部分を1㎝程度折り

画像


谷折り・山折でM字をつくります。

画像


これで問題解決。

あとは100円ショップで
A5リーズリーフを買ってくれば・・・


あれ・・・写真の商品はは24穴。
100円ショップで売っているのは
20穴ばかり。

確かに専用の穴あけパンチもあるけれど
安価な運用コストを目指したい。


発見!!





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック