安寧の日記(2/17)起承転結-2

月をモチーフに詩を制作中。

起承転結をふまえながらの制作。

月における起承転結は?

月は本来 球形であり
満月が「結」または「起」でしょうね。

月は地球の陰となり
半月・三日月・新月となるのですが
「転」は新月が妥当でしょう。

となると

満月 → ○ → 新月 → ○
または
○  → ○ → 新月 → 満月

パターン的には
三日月 → 半月 と眺めていて
数日後 ふと 夜空を見上げると
月が見えない(新月)
また しばらくたって
ふと 夜空を見上げると満月

これが起承転結かな?

三日月  → 半月 → 新月 → 満月
で詩を展開することにします。

「転」である月が見えない状態は
新月である可能性と
叢雲かかかった可能性とがあり
その辺の妙を表現できればと思います。

それでは また 部品づくり を続行。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

「安寧の日記(8/30)リバース」について
Excerpt: 「安寧の日記(8/30)リバース」について
Weblog: 空気時計を見詰めながら
Tracked: 2017-08-31 22:41