安寧の日記(9/18)意味をなすもの


卑怯といえば
卑怯なやり方かも知れません。

指示先のない指示代名詞。

近くは「これ」
少し離れて「それ」
もっと離れた「あれ」
不明なら「どれ」

作者自身には具体的に指示先があるのです。
ただ、それを作品中には記さない手法。

それが それだからといって
そうなってしまたのは
あなたの所為ではないけれど

それが そうなっってしまった
原因は あなた自身なのだ


指示先のない指示代名詞は
作者である私が表記した瞬間から
読み手に内在する
「それ」となるのです。

私は墓穴を掘る人間でもないし
自分で仕掛けた地雷を
自分で踏む人間でもないのです。

読み手に内在する「それ」が
地雷となったとしても
それを私が踏んだなどと
言われたくもなかったのです。

誰もが心の地獄に
自分ではまるものなのです。

どうか 他人の所為にしないで
どうか 自分の心の地獄を
抜け出してほしいものです。

・・・何の意味なすもの?



空気時計を見詰めながら - にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック