安寧の日記(6/25)石の種子

■石の種子 過ぎ去りし人よ すれ違いし人よ 「違い」と書いて「たがう」と読んで 出会いも別れも 序章も終章もなく 群衆の中の孤独 孤独同士の共鳴だけ 原因もなく生じてしまった結果は 罰のない罪のように 罪のない罰を下す 形容詞のない名詞 すべからく指示代名詞 それはそれ以上に それをあれに変えながら …
コメント:0

続きを読むread more