テーマ:俳句

山頭火の日記(1/23)放浪者

一月廿三日 雨、曇、何といふ気まぐれ日和だらう。 夜、元寛居で、稀也送別句会を開く、稀也さんは、いかにも世間慣れた(世間摺れたとは違ふ)好紳士だつた、別れるのは悲しいが、それが人生だ、よく飲んでよく話した。  冷やかに明けてくる霽れてくる ・出来そこなひの飯たべて今日を逝かせる  寒ン空、別れなければならない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山頭火資料

ネット上で資料を探してみました。   うしろすがたの山頭火/林田鉄のひとり語り Scene.1 うしろすがたの山頭火/林田鉄のひとり語り Scene.2         ドラマスペシャル 山頭火 何でこんなに淋しい風ふく 1989年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山頭火(参考資料)youtubeより

  1882~1940。俳人。山口の生まれ。本名、正一。 地主の長男に生まれたが、生家?破産後出家し、各地を遍歴しながら自由律による句作をした。 句集「草木塔」などがある?。 松山市の一草庵で没する。 ――――――――――――――――――――   ナビゲーターは、まつやま山頭火の会会長 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山頭火の日記(1/17)

昭和6年(1931年)「三八九日記」より 一月十七日 晴、あたゝかだつたが、私の身心は何となく寒かつた。 帰途、薬湯に入つてコダハリを洗ひ流す、そして一杯ひつかけて、ぐつすり寝た、もとより夢は悪夢にきまつてゐる、いはゞ現実の悪夢だ。 今日は一句も出来なかつた、心持が逼迫してゐては句の出来ないのが本当だ、退一歩して、回光返照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山頭火の日記(1/16)三八九

昭和6年(1931年) 一月十六日曇、やがて晴、あたゝかだつた。 朝、時雨亭さん桂子さんから、三八九会加入のハガキが来た、うれしかつた、一杯やりたいのをこらへて、ゆつくり食べる。…… 午後散歩、途中で春菊を買つて帰る、夜も散歩、とう/\誘惑にまけて、ひつかけること濁酒一杯、焼酎一杯(それは二十銭だけれど、現今の財政では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山頭火の日記(1/15)

■昭和6年(1931年) 一月十五日晴、三寒四温といふがじつさいだ。 少々憂欝である(アルコールが切れたせいか)、憂欝なんか吐き捨てゝしまへ、米と塩と炭とがあるぢやないか。 夕方からまた出かける(やつぱり人間が恋しいのだ!)、馬酔木さんを訪ねてポートワインをよばれる、それから彼女を訪ねる、今夜は珍らしく御気嫌がよろしい、裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山頭火の日記(1/14)

昭和6年(1931年) 一月十四日 曇、降りさうで降らない雪模様。しかし、とにかく、炬燵があつて粕汁があつて、そして――。 東京の林君から来信、すぐ返信を書く、お互に年をとりましたね、でもまだ色気がありますね、日暮れて途遠し、そして、さうだ、そしてまだよぼ/\してゐますね。…… 先夜の吹雪で吹きとばされた綿入遂に不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山頭火の日記(1/13)

昭和7年(1932年) 一月十三日 曇つて寒かつた、霙、姪ノ浜、熊本屋(二五・中) 東油山観世音寺(九州西国第三十番)拝登。 ・けふは霰にたたかれて 今日は行乞は殆んど出来なかつた、近道を教へられて、それがために却つて遠道をしたりして一層労れた。 お山の水はほんたうにおいしかつた、岩の上から、そして樋を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山頭火のお正月

1931年 80年前の1月1日 【昭和6年―1931年】 一月一日 雨、可なり寒い。 いつもより早く起きて、お雑煮、数の子で一本、めでたい気分になつて、 Sのところへ行き、年始状を受取る、 一年一度の年始状といふものは無用ぢやない、断然有用だと思ふ。 年始郵便といふものをあまり好かない私は、元日に年始…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more