テーマ:アニメ

サカサマのパテマ

重力が反転すれば 人は空に向かって落ちていく 重力を反転できれば ロケットを打ち上げるのも 容易になるはず。 そんな重力が反転した世界での物語。 ストーリも反転の反転的展開。 触発されて詩を一編。 (作品No.1402) 人生の奈落 そこが底だと思っていたら そこは まだ底では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(4/29)認識と虚像

『サカサマのパテマ』を鑑賞。 正常と異常。 鏡に映る姿みたいに 主観と客観の虚像を感じました。 鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫)岩波書店 ミヒャエル エンデ Amazonアソシエイト by 「鏡の中の鏡」 または 直角に配置された2枚の鏡の正面 真の姿が左右逆転することなく映し出された状態で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テガミバチ

テガミバチ 第九話 「泣き虫少年の誓い」を観賞 ゴーシュ・スエード 彼の残した心弾銃 「夜想曲(ノクターン)第二十番・心弾カスタム」 ノクターンといえば ショパン No.20といえば そして・・・ なぜだか 最近のアニメの中では お気に入りです …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(11/2)誰がやる?

10月20日17:00時点 10月中に全体で90000 記事部分で70000を目標にしましたが 肝心の記事が公開できずに 11月となってしまいました なんとか全体では90000を達成 記事部分はあと一歩 表紙部分を見て 記事部分に興味をひかれないと こうなるのかな? でもブログって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(11/4)アニメ「しおんの王」

アニメ「しおんの王」 1~4話を観賞。 チェスと将棋、似ているが全然ちがう。 チェスは、因果の勝負。原因があって、結果が生じる。 原因は、外的要因と内的要因に分けられる。 外的要因を「縁」とよび、内的要因を「因」(狭義)とよぶ。 外的要因と内的要因を合わせて「因縁」。 相手の指す手を外的要因とする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(8/12)ヒロイックエイジ

パソコンのメモリを512Mから2Gに増設。メーカのマニュアル上は1Gだったけど、バッファローのHPには2Gまで可能と記載されていたので2Gにしてみたが問題なし。 今日はアニメ「ヒロイックエイジ」1~17まで鑑賞。 http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/heroic_age/ http://jp.y…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(5/6)ゲゲゲの鬼太郎

4月28日、5月3日・4日と仕事だったので、GWのメリットなし。 今日はこどもたちと「ゲゲゲの鬼太郎」(映画)を鑑賞。 「ケペル先生」でお馴染みの?・・・ 「宇宙家族ロビンソン」のドクター・スミスでお馴染みの 熊倉一雄が、主題歌を歌っていた時代から 30年近く過ぎようとしている。 野沢雅子・戸田恵子・松岡洋子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(4/9)「ぼくらの」

ぼくらの・・・ やけに「の」が掠れているね ぼくらの地球 ぼくらの世界 「ぼくらの」に続く言葉探しながら 失われてゆく仲間たち 中学校1年生14名 小学校4年生1名 男子8名 女子7名 ココペリは第一話に登場したけれど コエムシは登場しなかったね これから15体の敵をたおすの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(4/8)「地球(テラ)へ」

手塚治虫の「火の鳥」(望郷編)が読みたくて 購読していた「マンガ少年」 1976年9月創刊号 「ミライザーバン」松本零士 ますむらひろし 吾妻ひでお 「戦えナム」ジョージ秋山 そして1月号(1977年) 「地球(テラ)へ」竹宮恵子 プロローグ、1:なきネズミの日 ・・・となる 30年の歳月を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(3/3)腐敗

はてなのブログに無理やりリクエストをいただきまして、 「腐敗」というテーマで難儀しております。 気分転換にむかしのアニメでもと ならべてみました 【どろろ】 【ゲゲゲの鬼太郎】 などなど 興味のある方は はてなにて Katharsis Moon カタルシスには「浄化」という意味と「排泄」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(2/25)墨攻

遅ればせながら映画「墨攻」を観賞してまいりました。 漫画の方は、10年ほど前に1巻~11巻(完結)まで読破済み。 日本版予告 【感想】 (1)主人公の革離を演じているアンディ・ラウは美男子過ぎ? (2)実際に映像にしてみると、戦争はやはり悲惨ですね。 (3)逸悦役のファン・ビンビンは美人だと思った。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安寧の日記(2/24)「彩雲国物語」と「十二国記」

「彩雲国物語」と「十二国記」 どちらもNHKのAnime 「彩雲国物語」も「十二国記」も女性が主人公で 中国(?)みたいな国が舞台 動画ファイルを探そうと「十二国記」の英語表記を調査 「Twelve Kingdoms 」 違いは「彩雲国物語」は あくまでも人間の持つ知力・能力・体力なのに対し 「十二国記」は麒麟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(2/12)Gunslinger girl

 外見的には人間。でも、中身はそうでない存在。攻殻機動隊で登場する「擬体」。草薙素子がそうであるように、Gunslinger girlの彼女らも擬体である。瀕死の状態から、擬体と「条件付け」を加えられたGunslingerとして生きている。開発途上の擬体―寿命も短い。  そんな設定の中、人間とは呼びづらい存在を描くことで、より人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「安寧の日記(10/20)Torrent」について

「安寧の日記(10/20)Torrent」について  その後、TorrentについてAnimeだけでなく、音楽・マンガ(出版物)、映画についても探してみました。  音楽:ドリカムのCD MP3ファイルで発見  マンガ:週間少年誌ほか スキャンしたものを発見  映画:原語(日本語字幕なし)上映中のものも発見 ■東京 図書…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安寧の日記(10/20)Torrent

年齢の割にはAnimeが好きだ しかしAnimeが放映されている時間には 殆ど家には居ないし タイマー録画は おかーちゃんの天下 それで録画の変わりにTorrentで入手できると聞き調査中 まず Torrenファイルの入手先 × ● ■ ◆ 「×」は、ウイルス駆除ソフトを無理やりインストールさせられる …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安寧の日記(4/8) 雲のむこう、約束の場所

「雲のむこう、約束の場所」(DVD)を観賞。ボクの好きなタイプの作品。「ほしのこえ」をYahoo!で見た時から、そう思っていました。  「ほしの声」は、ラストに向かうほど主人公は、ひとりになっていったけれど、「雲のむこう、約束の場所」では、少し救われた感じ。  夢で繋がる・・・夜空で繋がる。この1st-ROOMは、「ほしのこえ」。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more